手もと供養
 ”こころわけ”
    大切な方への想いを永遠に

現代ではお墓の土地を確保するのもたいへんな時代です。
都市部では、集合ポストのような納骨堂があったり、

また、故郷を離れ墓参もなかなか行けないと言う方も少なくもなく、
お墓の掃除をする仕事や、インターネットで墓参と言う新しい業種も登場して
お墓参りも随分様変わりしてきましたが、故人を想う気持ちはかわらないと思います。

そうした方々へ、いつでも故人への供養ができればと思い、
手もと供養のできる『こころわけ』ができました。

この、こころわけは世界的にも有名な彫刻家 流政之による発意・制作で、
一つ一つ手作業により作られ、サインも彫られており、彫刻作品としてお楽しみいただけます。さらにこころわけの内部には分骨もできるようにステンレスの筒が入っていますので、卓上のお墓でもあります。
この新しいスタイルのお墓で、時間も距離も気にされることなく
想い出ぶかい故人のご供養をしていただけると思います。

こころわけは、宗派を問わず皆さま方の故人への想いをつなぐものです。
06.05.18 ウェブサイトを開設いたしました。